「タイロンとその仲間たち」

サーフィン、ファミリー、そして仲間たちとの365日! タイロン・トヨダのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サーフボード ファクトリー

クーランガッタの街外れにあるジェイソン・スティーブンソンの経営する
「MADLUC社」を訪ねた
a 4351


オフィスと工場が併設されている
世界一のオートメーションシステムと称されるファクトリーを見学させて
頂けるという事でドキドキしていた

a 4314


先ず驚いたのは敷地の広さだ
何百ものボードが製造され管理されている
そしてとても清潔を保たれている
工場長のゲーリーはとても気さくな人物で事細かに案内、説明してくれた

「パラレティック」が完成するまでの過程を見せてもらった
EPSフォームからシェイピング、ラミネートの段階でカーボンをレールにセットする
通常のボードの倍の時間を要する
a 4324

a 4328

a 4312

ベテランの職人がエアブラシを担当するa 4309

a 4320

これがブランクス状態のEPSフォーム
a 4332

細かいビーズ状の集合体だ
a 4334

a 4329
a 4304


私はジェイソンとシェイピングについて多くの時間ミーティングした
全てコンピューター上で管理していてパーコのボード、ブルースのボード、ジョディー・スミスのボードなど各個人にあわせてファイルを分けて3Dで容積の分布図を画面上に出す

「タイロン、見てくれ。例えばアンディーのスタンダードボードのディメンションがこれで次に小波用のボードがこれで比較するとこうなるんだ」

ジェイソンが見せてくれたデータは容積の細かい数値が0.1mm単位で出てきて異なる種類のボードのどこが違うか、どの部分の容積が違うのかが一目瞭然で分かる

現在彼らが使用しているボードと同じ物が寸分の狂いなく再生産できるのだ
天才的な感性のシェイパーであるジェイソンがここまで数字の管理をしているのには驚いた

世界中のトップライダーが彼のシェイプを求める、
それに対して提供するだけではなく徹底した管理と創造性があることに賞賛する

私はジェイソンにシェイピングベイでいくつかの質問をしてみた
内容は秘密にしておく
あまりにも面白かったので会った人にだけ話すことにする

今回はかなり勉強になった
若いシェイパーの感性はイノベーショナルである
私のハードディスクに新しい情報が入った
サーフボードが欲しい人は是非私の所に来てください
適切なアドバイスが出来るような準備は整いました

a 4346

a 4349


テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/12/07(金) 14:54:41|
  2. サーフ トリップ 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tyron.blog53.fc2.com/tb.php/728-09d1a3ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。